賢い仕事探し~20代転職戦略ガイド~

*

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
・約85%がリクナビNEXTにしか載っていない求人
・毎週1万人以上が新規登録している
・転職成功ノウハウが閲覧できる

簡単1分登録公式サイトはこちら

利用者の声
良かった
20代で仕事探しをするなら、リクナビNEXTが一番だと思う。いろいろな業界や職種の求人がたくさんあるので、選択肢が広がるし、職種と年齢で算出される求人ランキングも参考になる。就職活動と転職活動では、進め方も違うので、リクナビNEXTの転職ノウハウは、とても参考になった。
良かった
リクナビNEXTには、スカウト制度があり、自分の経歴を登録しておくと、直接オファーを受けることができます。リクナビNEXTのレジュメ登録ツールを使って、経歴を入力していくのですが、アドバイスが的確で、とてもわかりやすいと思います。オファーがないときには、チェックツールを使って、レジュメのブラッシュアップもできるので、有効活用することをおすすめします。
良かった
20代で仕事探しをするにあたり、自分の適職について真剣に考えた。その際、参考になったのが、リクナビNEXTの適職診断と、働き心地のチェックだった。キャリアの形成には、こうした観点が大事だということも、リクナビNEXTに教えてもらえたと思う。
普通
リクナビNEXTは、20代が応募できる求人数が豊富だと聞いていました。確かに、学歴不問や未経験者OKの求人が多いと思います。ですが、多いのは営業職やIT系の専門職で、一般事務職の求人はさほどでもありませんでした。地方都市で生活していて、転居は考えていないので、希望の求人が早く見つかることを願っています。


 卒業して初めて就職した勤務先がどうしても肌に合わず一度やめてしまい、仕事探しを考えている20代の若者はかなり多いようです。そこで、真剣に転職や就職を希望している20代の若者のために、よい職場に転職できるノウハウを伝授しましょう。

転職の際の要点事項

 転職で最も重要なのは、企業の選択と面接時の攻略法です。この2点を重点的に検討し、かつ対応策を計画通りに実践することが転職成功の鍵となります。

ポイント1、業種の選択

 希望する業種が決まっていないで仕事を探す場合は、自分に最も向いていると思う業種を並べて検討します。業種は製造業・不動産業・サービス業・IT関連業・金融業・小売業など千差万別ですが、転職を繰り返すのは避けるために、各業界の現状をよく調べて選択するべきです。また、実際にそれらの業種で働いている知人に状況を詳しく聞いてみることも有益です。

ポイント2、職種を決める

 業種が決まったら次は職種です。業種は事務系と現場系に大別され、飲食業や小売業などでは店舗での接客がメインの業務となります。なんのコネもない若者が未知の業種に飛び込む場合は、大半が接客や現場の単純作業がほとんどで、給与も低く、いきなり正規雇用される可能性は低いといってよいでしょう。ただ、将来性のある業種で、発展の見込みがある企業であれば、最初は厳しくとも、努力次第で出世することは十分に可能です。

ポイント3、全ては面接で決まる

 面接の際、採用担当者が最も洞察しようとするのは、当人が持っている将来性と、組織人としての資質です。いくら能力があっても対人関係に問題がある者は敬遠されます。したがって、面接時には「明るく・前向き」な自分を最大限にアピールし、コミュニケーション・スキルについても、企業側が安心するような所作を見せることが大切です。面接では、自分の最も良い部分を全面に出すことに集中しましょう。

おわりに

 20代の若者の仕事探しにおける最大の武器は、その若さにあります。企業は、未熟な若者に多くを望んではいません。期待しているには「当社の将来に役立つ人材かどうか」という点につきます。したがって、転職先の企業を絞ったならば、あとは自分の若いエネルギーがいか企業に貢献できるかを全力で表現することを心がけましょう。

公開日:
最終更新日:2015/02/09

  • undecipherable